2021年大阪杯のレース結果と回顧~レイパパレが無敗でG1初制覇を達成。

2021年4月11日

今回は大阪杯の結果とレース回顧です。

出走馬は13頭と少なめですが、出馬表を見ると強力なメンバーが集まりました。

まさに春の中距離王決定戦です。

created by Rinker
エンターブレイン
¥400 (2021/10/21 20:24:25時点 Amazon調べ-詳細)

なお馬券の購入は20歳以上からです。

大阪杯のデータ

軸馬の目安となるデータを上げておきましょう。

・馬齢は5歳以下
・前走はGⅠ、GⅡ(外国のレースを含む)で着順は6着以内
・前年の中央競馬における2000メートル以上のGⅠで5着以内に入った経験有り

ワイド・馬連の買い目予想

まず1.2.3番人気のワイドボックス馬券7.12.2を購入します。

軸は7. コントレイルです。

調教を見ると、古馬になりさらに力をつけた印象があります。

迷う事なく本命とします。

このレースは馬連1桁台が3点でした。

馬連1桁が3点のケースでは、自分の軸から馬連10~25倍のゾーンを狙います。

自分の軸から馬連10~25倍の買い目が3点以下の場合は、25倍超の買い目で最もオッズの低い組み合わせを選択します。

よって今回の馬連の買い目は、7-6.13.4.1となります。

馬連の本線は7-13.アドマイヤビルゴです。

阪神2000mでは2戦2勝です。

後方で有力馬がけん制しあえばチャンスもあるとみて対抗とします。

馬連の購入は本線1点のみとします。

三連単の買い目予想

このレースにおける単勝オッズ30倍未満の頭数は4頭でした。

単勝30倍未満の頭数が10頭以下の場合は、三連複100倍未満の組み合わせから三連単を選択します。

7-13からの流しで三連複100倍未満の組み合わせは、7-13-2.8.12でした。

ここから2点に絞ります。

2.〇8.〇12.妙味無し。

よって3連単の買い目は、7→13→2.8となります。

合計6点で勝負です。

レース実況

スタート後、ハナを切ったのはレイパパレでした。

グランアレグリアは5番手、コントレイルは中団後方を追走します。

前半の1000mは59秒8で重馬場としてはハイペースでした。

直線に入るとレイパパレが馬場の外に持ち出します。

上位人気馬も先頭をうかがいますが、坂を上ってからさらにレイパパレに突き放されます。

結局レイパパレが4馬身差をつけ無敗で大阪杯を制しました。

2着には外から追い込んだモズベッロ、3着はコントレイルが死守しました。。

馬連は19,080円 三連複は7,240円という決着でした。

馬券は的中せず、このレースの回収率は0%です。

レース結果

レース結果は以下の通りです。

1着 8番レイパパレ  2分1秒6
2着 1番モズベッロ
3着 7番 コントレイル

必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。

まとめ

春の中距離王はレイパパレに決定しました。

無敗でのG1制覇に価値があります。

ボトムラインは小岩井フロリースカツプ系です。

令和の時代にもG1馬を生み出す小岩井牝系、恐るべしです。

レイパパレが勝ったことによって牝系は次の時代にも続いていくでしょう。

レイパパレも負けるまで追いかけたいです。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。