2021年ソフトバンクホークスがアイアンホーク化し、優勝する為の3つのポイント。

2021年5月31日

日本シリーズ4連覇中のソフトバンクホークスですが、暗雲が垂れ込めつつあります。

その影響を最も受けたのは千賀投手でしょう。

ピッチャー強襲のボールを捕球した時、左足首を捻り全治2~3ヶ月の捻挫と診断されました。

戻ってこれるにしてもシーズン後半でしょう。

東浜投手は打球が足を直撃し出遅れ、武田投手も折れたバットが足に当たりヒヤッとする場面がありました。

ホークスがエース不在で厳しいパリーグの争いを勝ち抜けるのか?そのポイントを3つ上げてみます。

created by Rinker
DHC(ディー・エイチ・シー)
¥965 (2021/10/21 07:35:01時点 Amazon調べ-詳細)

打線は2番打者と出塁率がポイント

ソフトバンク打線の弱点は、2番打者と出塁率です。

2番は右打者が理想

2番に中村晃選手、柳田選手を起用する事が増えていますが、これは得策とは言えません。

つなぎの意識の強いソフトバンクでは、塁上にランナーがいると左打者は引っ張ります。

しかし、左打者が進塁打を打つと体が開く癖がつきます。

2番に中村・柳田選手を起用する限り、彼らの打率は2割台にとどまるでしょう。

よって2番は右打者の今宮選手か甲斐拓也選手が理想です。

捕手の2番というのは意外かもしれませんが、ヤクルトが中村悠平捕手を2番に置いて成功しています。

打率より出塁率を重視せよ

記事執筆時点でソフトバンクの出塁率は、栗原選手の0.383が最高です。

この成績はパリーグで10番目です。

ソフトバンクであれば、出塁率4割の選手が2~3人いてもおかしくありません。

ランナーをためて3点以上先制できれば、チームの勝率は8割程度まで跳ね上がります。

つまりパレートの法則です。

注目すべきは熱男こと松田選手です。

16試合で7個の四球を選び、出塁率0.317です。

四球の数はシーズンで言えば60個ペースです。

出塁率3割超えなら2000本安打も見えて来ます。

出塁率3割以上をキープできれば、当分サードのポジションは安泰でしょう。

というか出塁率3割以上の選手をベンチに置いておけません。

松田選手は、まちがいなくアイアンホークのうちの一人です。

コントロールはホームベースを持ち歩く事でつけよ

魔改造で有名な倉野信次ファーム投手統括コーチも、「球を速くするのは簡単。一番難しいのはコントロール。」と言っています。

ではコントロールをつける一番いい方法は何なのか?

それはキャッチボールの時でも、ホームベースを置いて投げる事です。

そしてホームベースの上に投げるように常に意識する事が重要です。

そうすればホームベースの真ん中・両端の間隔を意識できます。

真ん中から左・右・下に曲がる変化球を覚えておけば、制球力のあまりない投手でも、球威がそこそこあれば通用します。

現在ソフトバンクで制球力をつけるべき投手は、高橋礼・スチュワートジュニア・杉山投手でしょうか。

今回記事を書くにあたって以下の動画を参考にしました。

ダイエー時代ホームベースを持って移動していた!?コントロールをよくする秘訣を話してくれたよ~♪

阪神タイガースは衝撃の連続!?「今のままでは勝たれへんなぁ〜」下柳剛さんが語るセ・リーグで勝てる投手になる秘訣とは!?

またボールからボールになる球でストライクを取れれば圧倒的に有利になります。

具体的に言えば外カットです。

元中日ドラゴンズのエース・川上憲伸さんが動画で外カットについて語っています。

【都市伝説】「球審を操る古田敦也○○は実在した」「呪われた憲伸カット恐怖のシナリオ」

制球に苦しんでいるいる投手は以上の動画を参考にして練習に取り組んでみてはいかがでしょうか。

ランニングで邪を祓(はら)え

選手に責任はありませんがホークスの場合、足のトラブルが多いです。

提案したいのは、1キロ5分ペースの3km走です。

靴は厚底シューズを使用しましょう。

和田毅投手やヤクルトに移籍した内川選手はよくランニングをしていましたが、シューズはナイキの厚底シューズを使用していました。

よって和田・内川の両選手は2021年シーズンも活躍すると思います。

また走る時もきちんとしたフォームで走りましょう。

生前、鉄人こと衣笠祥雄さんは、柳田悠岐選手の走るフォームを見て「彼はすぐ終わるぞ、ケガするぞ。」と当時のホークスヘッドコーチ・達川さんに言ったそうです。

以下の動画で達川さんが語っています。

達川さんが語るレジェンドの言葉!あの投手がナンバーワンだった!

柳田選手に限らず正しいフォームでランニングをしっかりやる事で、アイアンホーク化を目指して欲しいものです。


まとめ

最後にホークスがV5を達成するための3つのポイントをあげておきます。

・2番には右打者を配置せよ。
・制球力に難のある投手は、ホームベースを常に持ち歩きコントロールをつけよ。
・ランニングで邪を祓うべし。

日本シリーズ4連覇中のホークスといえど、他チームに付け入るスキは十分にあります。

パリーグには好投手が多いですが、逆方向に打つ事を徹底すべきでしょう。

小久保ヘッドコーチが現役時代、ダルビッシュ投手に対して採用した作戦です。

楽天の強力先発陣、オリックスの山本由伸投手、西武の高橋光成投手にはこの作戦が有効です。

また楽天に復帰したマー君に対しては、追い込まれるまで外角ギリギリのボールは全て見送れば対応できます。

田中投手の復帰戦で対戦した中田翔選手がそうでした。

カウントが悪くなり甘く入って来たストレート・変化球を狙い撃ちすれば大丈夫です。

プライドはかなぐり捨て泥臭く行くべきでしょう。

ぜひホークスには、アイアンホークと呼ばれる集団になって欲しいです。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。