2021年NHKマイルCのレース回顧と結果~3歳マイルチャンピオンはシュネルマイスターに決定。

2021年5月16日

今回は3歳マイル王決定戦、2021年NHKマイルCを振り返ります。

created by Rinker
エンターブレイン
¥290 (2021/06/22 20:48:09時点 Amazon調べ-詳細)

なお馬券の購入は20歳以上からです。

ワイド・馬連の買い目

まず1.2.3番人気のワイドボックス馬券15.8.4を購入します。

軸は8. グレナディアガーズです。

朝日杯FSの勝ち馬です。

気性的にも成長し、無観客競馬という事もあり本命とします。

このレースは馬連1桁台が1点でした。

1番人気と2番人気のオッズ合計が7.1倍、1番人気と3番人気のオッズ合計が8.0倍なので、自分の軸から馬連4~9番人気の組み合わせを選択します。

馬連の組み合わせが3点以下の場合は、自分の軸から9番人気を超える買い目で最もオッズの低い組み合わせを選択します。

よって今回の馬連の買い目は8-3.13.18.10となります。

本線は8-18. ピクシーナイトです。

シンザン記念を勝っている重賞勝ち馬です。

調教、も「S」だったので対抗とします。

馬連の購入は本線1点のみとします。

三連単の買い目

このレースにおける単勝オッズ30倍未満の頭数は9頭でした。

単勝30倍未満の頭数が9頭以下の場合は、三連複100倍未満の組み合わせから三連単を選択します。

8-18からの流しで三連複100倍未満の組み合わせは、8-18-3.4.10.13.15でした。

ここから2頭に絞り込みます。

3.内枠4.余力なし10.〇13.〇15.妙味無し

よって三連単の買い目は8→18→10.13となります。

合計6点で勝負です。

レース実況

スタート後、いきなりバスラットレオンの藤岡佑介騎手が落馬します。

バスラットレオンは3番人気だったので、買っていた人は出鼻をくじかれた事でしょう。

ピクシーナイトが馬群を引っ張り、グレナディアーズは6番手、そのすぐ後ろをソングライン、シュネルマイスターは馬群後方からレースを進めます。

最初の半マイルは45秒3というかなり速いペースでした。

直線に入り、坂を上がってグレナディアガーズが先頭に立ちます。

残り200mからソングライン、シュネルマイスターが追い込み馬体を合わせます。

最後は写真判定となりますが、シュネルマイスターがハナ差でソングラインを退け、NHKマイルCを制覇しました。

2着にはソングライン、3着には1番人気のグレナディアガーズが入線しました。

馬連は3,690円、三連複は3,540円という決着でした。

ワイド馬券8-15が的中したので、このレースの回収率は50%です。

レース結果

レース結果は以下の通りです。

1着 15番シュネルマイスター
2着 10番ソングライン
3着 8番グレナディアガーズ
必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。

まとめ

キングマン産駒のシュネルマイスターがNHKマイルCを制覇しました。

ルメール騎手が3コーナー手前から追っていたので、どうかと思いまいしたが、長くいい脚を使いますね。

2着に来たソングラインは、桜花賞でメイケイエールの不利を受けていたので、前走2桁着順からの巻き返しは見事です。

シュネルマイスターが日本の高速馬場に対応できた事から、今後日本でもキングマンの供用が増えるかも知れませんね。

グレナディアガーズは、やはりレース前の発汗が目立ちました。

それでも3着を確保してくれたので納得ですね。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。