2021年ヴィクトリアマイルの結果とレース回顧~グランアレグリアが古馬・芝マイルG1を完全制覇。

2021年5月23日

今回はマイル女王決定戦、2021年ヴィクトリアマイルを振り返ります。

軸馬のデータは以下の通りです。

A)4歳馬は前年の桜花賞で5着以内。

B)5歳以上馬は前年の安田記念またはヴィクトリアマイルで3着以内

C)A・B以外の馬はマイル戦での勝率100%

なお馬券の購入は20歳以上からです。

ワイド・馬連の買い目

まず1.2.3番人気のワイドボックス馬券6.18.9を購入します。

軸は6.グランアレグリアです。

前走・大阪杯は2000mなので度外視しても大丈夫でしょう。

時計勝負にも強いので安心して軸にできます。

このレースは馬連1桁台が4点でした。

このケースでは軸馬6.グランアレグリアから馬連10倍以上、25倍以下の組み合わせを選択します。

自分の軸から馬連10~25倍の買い目が3点以下の場合は、25倍超の買い目で最もオッズの低い組み合わせを選択します。

よって馬連の買い目は6-12.7.11.16となります。

馬連の本線は6-12. サウンドキアラです。

昨年の2着馬ですし、前走の高松宮記念も勝ち馬から2馬身差の6着と踏ん張っています。

今回の馬連の買い目は本線1点のみとします。

三連単の買い目

このレースでの単勝30倍未満の頭数は6頭でした。

単勝オッズ30倍未満が10頭未満の場合、馬連の本線から三連複100倍未満の組み合わせを選択します。

6-12からの流しで三連複100倍未満の組み合わせは、6-12-1.5.7.9.11.18でした。

ここから2点に絞り込みます。

1.妙味無し5.〇7.底力?9.〇11.前走大敗18.妙味無し

よって三連単の買い目は6→12→5.9となります。

合計6点で勝負です。

レース実況

スタート後、クリスティが先頭に立ちます。

グランアレグリアは中団外目に控え、その内をマジックキャッスル、ランブリングアレーはグランアレグリアの後方を追走します。

前半800mの通過タイムは44秒0というハイペースでした。

直線に入りレシステンシアが先頭に立ちます。

残り400mでグランアレグリアがようやく追い出します。

そこから一気に突き抜け、後続に4馬身差をつけグランアレグリアがヴィクトリアマイルを制覇しました。

2着には10番人気のランブリングアレー、3着には中団からしぶとく伸びたマジックキャッスルが入線しました。

馬連は3,620円 三連複は8,460円という決着でした。     

馬券は的中せず、このレースの回収率は0%です。

レース結果

レース結果は以下の通りです。

1着 6番グランアレグリア 1分31秒0
2着 8番ランブリングアレー
3着 1番マジックキャッスル

必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。

まとめ

グランアレグリアが中央G1・5勝目を達成しました。

一頭だけ32秒台の上がりを繰り出し圧勝しました。

安田記念の連覇に期待がかかります。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。