2021年春、ベランダで大葉を栽培し収穫を開始しました。

先日ベランダで大葉を栽培し、収穫しました。

例年通りホームセンターで苗を購入し、栽培します。

苗の価格は1株100円前後です。

その後の収穫量を考えると、コスパは非常に高いです。

大葉は単価が高い香味野菜

スーパーに行くと大葉の価格の高さに驚かされる事があります。

近所のスーパーでは、10枚100円程度します。

こういう単価の高い香味野菜は家庭菜園でつくるのがおすすめです。

摘心し収穫を開始する

苗(なえ)は水やりと、肥料を2週間に1度程度あたえておけばすくすく育っていきます。

30cmまで背が伸びたら、摘心して収穫を開始します。

大葉

摘心とは幹の先を摘んで脇目を成長させることです。

摘心することで脇目の成長を促進し、収穫量を増やせます。

今回は摘心後、大葉を収穫してみました。

大葉

かなり大きく成長してくれました。

最近は気温が高いので、11月頃まで新鮮な大葉を収穫できます。

収穫する時点で注意すべきこと

少なくとも、大きな葉を半分は残しておきましょう。

全部かり取ってしまうと大葉の成長がストップしていまいます。

また台風が来た時などもできるだけ屋外に置いておきましょう。

自然光を一日でも欠くと大葉は葉を落としてしまいます。

収穫後それなりに肥料をあたえると、また脇目から大きな葉を伸ばしてくれ、長期にわたって収穫できます。

created by Rinker
ハイポネックス
¥587 (2021/08/05 18:51:33時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

現在収穫した大葉は、キャベツの千切りと混ぜて使っています。

某とんかつ屋さんでは以前、大葉とキャベツの千切りが出されていました。

今はコストカットのためか、大葉は省かれています。

残念です。

せめて家庭では、大葉とキャベツの千切りを味わいたいですよね。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。