FX勝ちパターントレード~ユーロドル・週足のボリンジャーバンドを使ったトレード。(2021年6月)

2021年8月27日

最近週足や月足などの長い脚を使ったトレードをしていましたが、中々利益が出ませんでした。

そこでリスクを取り、週またぎをやってみました。

普段持ち越しはしない主義ですが、AI全盛の時代ではそれで利益を出すのは難しいです。

よって今回、長期線(週足)を使って利益を伸ばしてみました。

なおこの手法も連戦連勝の聖杯システムではありません。

トレード手法の叩き台として参考にしてください。

ユーロドル・週足のボリンジャーバンドを使ったトレード

今回のトレードで使用したテクニカルはボリンジャーバンドの1αです。

週足以上の長い足だと、それなりに機能します。

今回は売りのテクニカルポイントとして使ってみました。

トレード実況

2021年6月7日におけるユーロドルの週足チャートです。

FX

週足ボリンジャーバンドの1αライン・1.21658から仕掛けます。(ピンク色のライン)

逆指値は100pips後方の1.22658とします。

約定した後、1.22179まで上昇しますが、逆指値にかからずに下落、指値から200pipsの1.19658で利益確定しました。

今後のユーロドル相場の展望

週足チャートを見ると三尊天の形をしています。

セオリー通りネックラインを割れば、そのラインから戻り売りを仕掛けます。

上に行けば、既に遅行線がローソク足の下に出ているので、遅行線がローソク足にかかった所から売りを入れる予定です。

ユーロドル相場では週足で三羽烏が出ているので、下目線で行きます。


まとめ

FX自体は年始から損もせず、得もせずといった状態が続いていました。

やはり利益が出たからといって、逆指値を上げると狡猾なAIによってストップを狩られてしまいます。

今回も指していたポイントから75pipsほど差し込まれました。

とりあえず逆指値を100pips後ろに置いていたので、ロスカットされなかった形です。

今後も長期(週足・月足)の足を使ったトレードを続けていきます。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。