メダカのイジメによる死を防ぐため、アナカリスを水槽内に投入してみた話。

2021年8月4日

最近、餌やりの時、ある個体が特定のメダカから追い回されていました。

そのまま放置していたところ、イジメを受けていたメダカがやせ細り、結局亡くなってしまいました。

追い回されていたのを放置していた時点で反省です。

今回のようなケースを防ぐため、水槽内にアナカリスを投入してみました。

created by Rinker
グラスリウム
¥610 (2021/08/05 23:24:49時点 Amazon調べ-詳細)

メダカはイジメで星になるのか?

メダカにも縄張りはあります。

ただ販売店のように、密集状態だと縄張りが無効になりイジメは起こりません。

よってイジメを無くすには、個体数を増やすのがいいのですが、無濾過飼育だと、そうもいきません。

そこで遮蔽物となる水草を入れて、イジメを防止する事にしました。

どんな魚とも相性のいいアナカリスを水槽に投入してみた。

今回遮蔽物として選んだ水草はアナカリスです。

そこで知人からアナカリスを入手しました。

アナカリス

市販されているものよりもデカイですね。

これなら十分、遮蔽物として機能してくれるはずです。

とりあえず3日間水道水のカルキで消毒します。

水道水は毎日交換します。

その後、メダカ水槽に投入しました。

メダカ

これだけ可動域が狭いと、他のメダカが特定の個体を追い掛け回すのは難しくなります。

またいじめられている個体の隠れ家にもなります。

これでしばらくは様子を見て、気温が下がって来る秋ごろにメダカをもう1~2匹、水槽内に入れる予定です。

まとめ

メダカ水槽で個体数を増やせない場合は、水草で隠れ家を作ってあげる事が重要ですね。

可動域が広いと、特定の個体がいじめの対象になってしまいます。

アナカリスは放置していても勝手に育つので、この調子でいい隠れ家になってくれればなと思います。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。