2021年ツールド・フランスのレース回顧と結果~タデイ・ポガチャルがツール2連覇を達成。

2021年8月6日

戦前の個人的な予想は以下の通りです。

・マイヨ・ジョーヌ(総合優勝)・・・タデイ・ポガチャル
・マイヨ・ヴェール(ポイント賞)・・・ピーター・サガン
・マイヨ・アポワ(山岳賞)・・・タデイ・ポガチャル

created by Rinker
コスミック出版
¥1,000 (2021/08/05 20:35:41時点 Amazon調べ-詳細)

マイヨ・ジョーヌ(総合優勝)はタデイ・ポガチャル

ポガチャルは第5ステージの個人タイムトライアルで区間優勝、第8ステージで総合首位に立つと第17・18ステージでも区間優勝しツールド・フランスを2連覇しました。

第18ステージでは、マイヨ・アポワ(山岳賞)も獲得しています。

22歳らしからぬ終始安定したレース運びでした。

メンタル的にも落ち着いており、まさに王者の走りです。

しばらくは、ポガチャル時代が続きそうです。

マイヨ・ヴェール(ポイント賞)はマーク・カヴェンディッシュ

マイヨ・ヴェールはイギリス出身の36歳、マーク・カヴェンディッシュが獲得しました。

区間4勝を挙げる圧倒的な強さを発揮しました。

ピーター・サガンがいてもマイヨ・ヴェールはカヴェンディッシュで堅かったでしょう。

ピーター・サガンはステージ序盤の落車の影響から、途中棄権となりました。

近年サガンは、ツールを離れる発言もしており来年以降の動向が注目されます。

マイヨ・アポワ(山岳賞)はタデイ・ポガチャル

タデイ・ポガチャルがマイヨ・アポワ(山岳賞)も獲得です。

平地・個人TT・山岳と隙のない点が、タデイ・ポガチャルの強みです。

まだ22歳と若いのでさらに強くなる可能性があります。

結果をまとめておきます。

・マイヨ・ジョーヌ(総合優勝)・・・タデイ・ポガチャル
・マイヨ・ヴェール(ポイント賞)・・・マーク・カヴェンディッシュ
・マイヨ・アポワ(山岳賞)・・・タデイ・ポガチャル

まとめ

今年のツールド・フランスは、ポイント賞以外は的中でした。

やはりタデイ・ポガチャルは強かったですね。

2位に5分20秒という大差をつける走りで総合優勝を勝ち取りました。

今後、数年はボガチャルがツールド・フランスの主役でしょう。

彼を倒すのは相当強くないと無理です。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。