夏におけるベタとエアコンの関係。

夏になると部屋をキンキンに冷やして、くつろぎたい方もいるでしょう。

ただベタを飼育している場合、室温を22℃くらいにしてしまうと、水温は20℃前後になってしまい生体が調子を崩してしまいがちです。

今回はベタを飼育している場合のエアコンの使い方を考えてみました。

created by Rinker
プリセットオートヒーター
¥2,206 (2021/09/16 23:06:20時点 Amazon調べ-詳細)

ベタにとって最適な水温は?

ベタにとって最適な水温は、26℃~28℃です。

よって夏場にエアコンを効かせすぎると水温が23℃くらいになってしまい、適性温度を外してしまいます。

短時間のうちに急激に温度が下がるとベタは体調を崩しやすくなります。

夏はエアコン+扇風機+保冷剤で対処

エアコンは29℃~30℃のドライで使っています。

そうすると室温は28℃、湿度は50%前後になります。

エアコンの補助として扇風機を多用します。

エアコンに比べれば、扇風機は消費電力が圧倒的に低いです。

保冷剤はタオルで巻いて、首筋に当てると汗が一気に引いていきます。

私は枕の上において、首筋に当たるように寝ています。

体感温度が下がるので、エアコンも高い設定温度で使用できます。

あまり首筋が冷えすぎる時はタオルでまいた保冷剤を、枕の上から取り外します。

また直接、保冷剤を首筋に当てると凍傷になるので気をつけてください。

これで室温をベタにとって最適状態に保てます。

夏はベタ飼育の山場

夏は水温の急激な変化であったり、水質が悪化しやすかったりで悩みが多いです。

気温や湿度が下がってくると、水質も安定して来ます。

それまでは我慢の日が続きます。

普段よりも水槽をこまめに観察して対処していきましょう。

まとめ

特に保冷剤の使用は、電気料金も節約でき、結果的にベタも元気なので一石二鳥です。

現在使っている保冷剤は百均ショップで購入したものです。

サイズは縦13cm横20cm位の物です。

保冷剤があるとエアコンは10月以降、使用しなくなると思います。

それくらい体感温度が下がりますね。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。