2021年札幌記念の結果とレース回顧~ソダシが真夏のスーパーGⅡを制す。

2021年8月23日

今回は真夏のスーパーGⅡ、札幌記念を振り返ります。

1着賞金7,000万円のビッグレースです。

また札幌記念は、秋のG1占う上で重要なステップレースです。

洋芝なのでスピードに加えパワーが要求されます。

さらに各馬が3コーナーから動いていくので差し、追い込みが決まりやすいレースです。

created by Rinker
エンターブレイン
¥450 (2021/09/17 13:20:43時点 Amazon調べ-詳細)

ワイド・馬連の買い目

まず1.2.3番人気のワイドボックス馬券、4.12.13を購入します。

軸は4. ラヴズオンリーユーです。

2019年のオークス馬ですが、その後は伸び悩んでいました。

しかし、今年の京都記念を勝って以降、ドバイシーマクラシック3着、クイーンエリザベスⅡ世C優勝と完全に本格化しました。

父:ディープインパクト、母の父:Storm Catの配合なのでパワーのいる洋芝も合っているはずです。

海外G1馬の貫禄に期待して軸とします。

このレースは馬連1桁台が1点でした。

1番人気と2番人気のオッズ合計が5.7倍、かつ1番人気と3番人気のオッズ合計が14.2倍だったので、このケースでは軸馬から馬連25倍~50倍の組み合わせを選択します。

よって馬連の買い目は、確認時のオッズで4–7.8となります。

馬連の本線は4-8.ユーキャンスマイルです。

これまで常に一線級と対戦して来ました。

ここではむしろ格上とみて対抗とします。

馬連の購入は本線1点のみとします。

馬連・三連単の買い目

単勝オッズ30倍未満の頭数は8頭でした。

単勝オッズ30倍未満が9頭以下の場合、馬連の本線から三連複100倍未満の組み合わせを選択します。

4-8からの流しで三連複100倍未満の組み合わせは、4-8-1.2.12.13でした。

ここから2点に絞り込みます。

1.○2.○12.暗黒騎士13.距離不安

よって三連単の買い目は4→8→1.2となります。

合計6点で勝負です。

レース実況

スタート後、トーラスジェミニがハナに立ち馬群を引っ張ります。

ソダシは2番手、ラヴズオンリーユーは中団を追走します。

前半1000mの通過タイムは59秒9という平均ペースでした。

直線に入るとソダシが堂々と先頭に立ちます。

そのままソダシが後続を寄せ付けない走りで札幌記念を制しました。

2着には中団から伸びたラヴズオンリーユー、3着には好位から伸びたペルシアンナイトが入線しました。

馬連は470円、三連複は3,020円という結果でした。

ワイド4-12が的中したので、このレースの回収率は41%となります。

レース結果

レース結果は以下の通りです。

1着 13番ソダシ 1分59秒4
2着 4番ラヴズオンリーユー
3着 7番ペルシアンナイト

必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。

まとめ

真夏のスーパーG2を制したのはソダシでした。

右回りなら距離2000mでも持つ事を証明しました。

秋華賞に向けて明るい材料です。

それにしてもビッグレースでの牝馬の活躍が目立ちますね。

またしばらく神戸新聞杯まで間が空きます。

そこからは怒涛のG1シリーズが始まります。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。