なぜ私は仮想通貨に手を出さないのか?その理由を説明します。

先日仮想通貨の流出が報道されました。

頻繁にこの手のニュースを見聞きします。

私はFXはやっても仮想通貨はやっていないので、流出問題は関係ありません。

今回は、私が仮想通貨に手を出さない理由を説明します。

そもそも通貨の信用力とは何か?

通貨の信用力は国家の領土、軍事力、生産性、成長性などの複合要因から生じます。

仮想通貨は、国家のようなバックグラウンドがないので、以上のような要因がありません。

よって信用力が著しく劣ります。

相場に厚みがなく、小さい資金で動かせます。

値動きの大きい仮想通貨は信用力・安全性で劣ると考えていいでしょう。

日本でも仮想通貨で破綻する人が増えたので、キャピタルゲインに最大55%という高税率をかけています。

それだけリスクがある通貨という事です。

仮想通貨はポンジ・スキームに注意する

ポンジ・スキーム( Ponzi scheme)とは、「出資してもらった資金を運用し、その利益を出資者に還元する」と謳っておきながら、実際には資金運用を行わず、後から参加する出資者から新たに集めたお金を、以前からの出資者に“配当金”などと偽って渡すことです。
出資した資金が尽きた時点で破綻します。

とはいえ全ての仮想通貨がポンジ・スキームではありません。

大手の証券・FX会社が取り扱っている仮想通貨はそこそこ 信用できると考えていいでしょう。

ただし通貨としての信用力は劣るので、手を出す気にはなりません。

なぜインフルエンサーは仮想通貨に手を出すのか?

広告のインセンティブで仮想通貨に手を出しているんだろうなと思います。

しかし、胴元の資金が流出した場合や仮想通貨が暴落した場合は、宣伝していたサイトやチャンネルの信頼度が毀損(きそん)されるので、あまり感心しません。

インフルエンサーが宣伝しているからと言って、仮想通貨自体に信用力があると思わない事です。

仮想通貨をもしやるならば・・・。

私が万一仮想通貨に投資するならば、資産の100分の1程度でトレードするでしょう。

失ってもどうという事のない金額でトレードを実行します。

底で買って1000倍、1万倍で利確すれば面白いことになりそうです。

ただし、そういう相場は仕手相場なので、まともな投資家が手を出すような相場ではありません。

はしゃいで全財産を投資してしまうと、とんでもない目に合います。

まとめ

以前、仮想通貨を扱い最終的に閉鎖に追い込まれたブログサイトを知っています。

非常にうまく運営されていた良いサイトでした。

しかし仮想通貨の暴落を受け、サイトを閉鎖してしまいました。

やはり信用力に問題のある物を紹介していると、それだけリスクがつきまといます。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。