無課金・微課金によるウマ娘・エイシンフラッシュの育成方法。

2021年9月16日

課金は1月1回のジュエルパックのみです。

リリース後2回しか購入していません。

大体1月500円位の投げ銭レベルの投資額です。

ではエイシンフラッシュの育成に関して述べていきます。

エイシンフラッシュのデッキ構成

エイシンフラッシュのデッキ構成は以下の通りです。

・フレンド枠・・・キタサンブラックSSRLv.50(スピード型)
・トウカイテイオーSSR Lv.35(スピード型)
・サトノダイヤモンドSSR Lv.35(スタミナ型)
・サイレンススズカ配布SSR Lv.50(スタミナ型)
・メジロパーマーSSR Lv.35(根性型)
・桐生院葵SR Lv.45

エイシンフラッシュの因子継承

無課金・微課金でAランクのウマ娘を作る場合、因子継承が重要です。

現在はスタミナを盛る方法を多用しています。

因子継承はビワハヤヒデ(スタミナ☆8)×シンボリルドルフ(スピード☆3スタミナ☆5)です。

どちらも自家生産ウマ娘です。

これで1回の因子継承で大体スタミナが80前後、上昇します。

URAシナリオ因子が発動すると100以上スタミナが上がる時もあります。

よってその分をスピード・根性・賢さなどの訓練に割(さ)けます。

適当な殿堂入りウマ娘がいない場合は、レンタルしてもいいでしょう。

スキルの獲得

上記のデッキ構成で以下のスキル取得がオススメです。

・弧線のプロフェッサー
・一陣の風
・直線巧者
・ハヤテ一文字
・集中力
・レーンの魔術師

集中力・レーンの魔術師はぜひ取得したいので覚醒レベルは、Lv.4まで上げておきましょう。

エイシンフラッシュは使える自前のスキルが多いので育成も楽です。

エイシンフラッシュのローテーション

史実にそったローテーションなので京成杯から皐月賞の流れです。

目標レース以外で出走するのは、ジュニア時代のホープフルSのみです。

クラシック級にジャパンカップ、有馬記念のローテですが、出走すればよく着順の条件はありません。

この点、非常に楽です。

B+~A育成が出来ていれば、URAファイナルズ決勝で1着は余裕で狙えます。

育成段階で失敗することはないでしょう。

URAファイナルズ制覇後のステータスは以下の通りです。

ウマ娘

まとめ

エイシンフラッシュは育成がしやすく、かつ距離の汎用性もあり強いウマ娘です。

中・長距離ではオススメのウマ娘ですね。

才能開花のレベルを☆4にするとさらに育成が安定するでしょう。

ピースを集めるだけの価値があるウマ娘ですね。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。