【無課金・微課金】高難度・フジキセキの育成方法

フジキセキは朝日杯、弥生賞を完勝し、幻の三冠馬と呼ばれた競走馬でした。

その後、故障のためクラシックには出走していません。

現役時は4戦4勝で引退しています。

なおウマ娘では短距離馬の扱いとなっています。

よってスプリンターとして育成します。

フジキセキ育成のコツ

因子継承でスタミナを盛り、スピード訓練中心で育成していきます。

スプリンターとしての育成です。

2500m以上の長距離戦は出走すればいいので、度外視していいです。

最終的なスタミナの値は400前後あれば十分でしょう。

フジキセキのデッキ構成

フジキセキのデッキ構成は以下の通りです。

・フレンド枠・・・キタサンブラックSSRLv.50(スピード型)
・トウカイテイオーSSR Lv.35(スピード型)
・ビコーペガサスSSR Lv.30(スピード型)
・サイレンススズカ配布SSR Lv.50(スタミナ型)
・メジロパーマーSSR Lv.35(根性型)
・桐生院葵SR Lv.45

スピード3枚、スタミナ1枚、根性1枚、トレーナー1枚のデッキ構成です。

フジキセキの因子継承

因子継承はスタミナ中心です。

ビワハヤヒデ(スタミナ☆8)×シンボリルドルフ(スピード☆3スタミナ☆5)です。

どちらも自家生産ウマ娘です。

これで1回の因子継承で大体スタミナが80前後、上昇します。

URAシナリオ因子が発動すると100以上スタミナが上がる時もあります。

その分、スタミナ訓練をセーブでき、スピード・根性・賢さなどの訓練に割(さ)けます。

フジキセキのローテーション

目標レース以外で出走するのは、ジュニア時代のホープフルSのみです。

よって朝日杯からの連闘となります。

デッキに桐生院葵を入れているのでスキル取得に問題はありません。

育成完了時のステータスは以下の通りです。

ウマ娘

まとめ

スプリンターとして育成すれば育成完了後、チーム戦では短距離組として活躍してくれます。

現役時のフジキセキのイメージとは違うと思うのですが、ゲームの設定上スプリンター・マイラーなので仕方ないですね。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。