【2022年】超どこよりも早い箱根駅伝予想。

青山学院大の1強時代が終わり、箱根駅伝は混戦です。

今回は2022年新春の箱根駅伝を予想します。

優勝は駒澤大学

トラック最速ランナーを数多く抱える駒澤大学が優勝候補の筆頭です。

田澤廉選手(3年)鈴木芽吹選手(2年)を中心にメンバーを組んでくるでしょう。

前回のVメンバーが8人残っているのも駒澤大学の強みです。

加えて唐澤拓海選手(2年)篠原倖太朗選手(1年)などの新戦力も台頭しています。

チームが機能すれば、普通に優勝争いに絡んで来るでしょう。

2位は東京国際大学

東京国際大学と言えば、何といってもイェゴン・ヴィンセント選手(3年)です。

今や大学生の枠を超え、世界レベルのランナーとして君臨しています。

起用するなら往路の4区で起用したいところです。

山谷昌也選手(3年)や丹所健選手(3年)が主要区間で快走すれば、往路優勝も十分可能です。

3位は東洋大学

東洋大は、前半沈んでいても気が付いけば上位に食い込んで来る総合力があります。

振り向けば東洋大といった感じです。

宮下隼人選手(4年)と松山和希選手(2年)に1年生の石田洸介が加わってくれば、面白い存在です。

まとめ

最後に箱根駅伝の予想をまとめておきます。

1位駒澤大学
2位東京国際大学
3位東洋大学

個人的にはイェゴン・ヴィンセント選手がどれぐらい後続をチギるかに注目しています。

各大学のエースも意地を見せて食い下がって欲しいですね。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。