マイルドでクセのないスコッチ「エンシェント・クラン」を飲んだ感想

2020年8月26日

今回は量販店でもよく見かけるスコッチ「エンシェント・クラン」を紹介します。

この記事は、アルコール関連のページであり20歳以上の方を対象としています。

エンシェント・クランの特徴

瓶を開けるとフルーティな香りがします。

ストレートで飲むと、まろやかさと塩辛さが来ます。

このあたりは「クレイモア」に似ています。

水割りにするとまろやかで癖のないスコッチといった感じになります。

飲んだ後、わずかに海藻のような後味が残ります。

スコッチ特有のスモーキーさやヨード臭はほとんど感じません。

癖のない飲みやすいスコッチウイスキーです。

酔い口はおだやかで若干強めです。

エンシェント・クランのあれこれ

「エンシェント・クラン」とはゲール語で「古くからの家族」を意味します。

キーモルトにはハイランドモルトのトマーティンを使用しています。

エンシェント・クランのまろやかさはトマーティン由来のものでしょう。

輸入は、酒の卸売業者である国分が行っています。

まとめ

エンシェント・クランは癖がなく飲みやすいスコッチです。

逆にスモーキーさやヨード臭が弱いのでスコッチを飲み慣れた人にとっては物足りないかもしれません。

まろやかでマイルドなスコッチを好む人にはおすすめです。

なお法律により20歳未満の酒類の購入や飲酒は禁止されています。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。