「なんつーか、角は心のご飯です。」の「角瓶」を飲んだ感想

「角瓶」といえば、「ウイスキーがお好きでしょ♪」のCMが有名ですが、個人的には井上陽水さんの「いっそセレナーデ」のCMが印象に残っています。

冷蔵庫から黒電話出すシーンとか、傾いたテーブルで瓶を取るシーンとか一種ブームになりました。

幼少の頃、このCMを見て「ウイスキー」って大人が飲むもんなんだなと思っていました。

今回はサントリー「角瓶」の紹介をします。

created by Rinker
角瓶
¥1,380 (2019/08/25 15:39:45時点 Amazon調べ-詳細)

角瓶の特徴

香りですが、ほのかなりんごの匂いと接着剤のようなニオイがします。

ストレートで飲むと甘辛い感じです。

バーボンとスコッチの中間のようなお酒です。

ピート香やアロマ臭はほとんでありません。

ストレートやロックで飲むとスタンダードなウイスキーといった感じです。

酔い口は強めです。

水割りにすると抜群に良くなる。

角は水割りにすると、その潜在能力を発揮します。

酒がおいしいというより、普段飲んでいる水が抜群においしくなります。

澄み切った水を飲んでいるような感じです。

氷を3つぐらい入れ、角をお好みの量注ぎ水で割ります。

炭酸抜きのハイボールです。

癖がないので食事と物凄くあいます。

業務用の角が販売されているのもわかります。

お店で出されるハイボールのほとんどは、角を使ってるんじゃないかと思います。

「角瓶」の歴史

ラベルに「since1937」とあるように、「角瓶」の誕生は1937年です。

1937年といえば日中戦争が始まった年です。

相当昔ですよね。

1937年サントリー創業者である鳥井信治郎により日本人向けのウイスキーとして製造されました。

瓶は、薩摩切子の香水瓶をヒントにデザインされています。

その後、定番商品となり誕生から80年後の今にいたるまで多くのファンに支持されています。

まとめ

角の良さは水を活かす点です。

ピート香やアロマ臭がないので食事をしながら飲むのがおすすめです。

和食や揚げ物とも合います。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。