2019年ツールドフランス第1ステージから第7ステージまでの結果速報

2019年8月5日

2019年ツールドフランスの予想は以下の通りです。

マイヨ・ジョーヌ(総合優勝)・・・ゲラント・トーマス
マイヨ・ヴェール(ポイント賞)・・・ピーター・サガン
マイヨ・グランペール(山岳賞)・・・ジュリアン・アラフィリップ

今回は2019年ツールドフランス第1ステージから第7ステージまでの結果を速報します。

マイヨ・ジョーヌはジュリアン・アラフィリップ

山岳賞の有力候補に上げていたジュリアン・アラフィリップ(フランス)が、総合優勝暫定トップです。

正直意外です。

山岳コースには滅法強いので、今後どういうレースマネジメントを見せるのかたのしみです。

山岳で一気に突き放すのか、それともゲームをコントロールし消耗を避けるのか興味深いです。

ゲラント・トーマス(イギリス)、 エガン・ベルナル(コロンビア)、ティボー・ピノ(フランス)などの有力選手は1分差以内につけており序盤は様子見の可能性が高いです。

逆に序盤で1分以上離されているアダム・イェーツ(イギリス)やナイロ・キンタナ(コロンビア)は厳しくなりました。

マイヨ・ヴェールはピーター・サガン

ピーター・サガン(スロバキア)が2位に50ポイント以上の差をつけてポイント賞をリードしています。

落車のようなアクシデントがない限り今年もピーター・サガンで決まりかなという感じです。

今回ピーター・サガンがポイント賞を獲得すると7度目となり獲得回数でエリック・ツァベル(ドイツ)を抜き単独最多となります。

おそるべし、ピーター・サガンです。

マイヨ・グランペールはティム・ウェレンス

山岳賞のトップに立っているのはティム・ウェレンスです。

ベルギー出身の28歳です。

2018年パリ~ニースでポイント賞、同年のジロ・デ・イタリアでは第4ステージで区間優勝を達成しています。

しかし山岳賞は僅差であり、誰がマイヨ・グランペールを獲得するか、この時点では未知数です。

ジュリアン・アラフィリップが山岳コースでガツガツ攻めてくるかによっても、順位が変わってくるでしょう。

まとめ

マイヨ・ジョーヌは、ジュリアン・アラフィリップがトップに立っていますが、ゲラント・トーマスのような有力所はまだ力を温存している状態です。

ただあまりセーブしすぎると山岳コースでアラフィリップに突き放される可能性もあり得ます。

アラフィリップには地元フランスの熱狂的な応援もあります。

平地で勝負するとしても20秒以内にはつめておきたい所です。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。