2019年ツールドフランス、レース結果~エガン・ベルナルがツール初制覇を達成

2019年ツールドフランス予想は以下の通りです。

マイヨ・ジョーヌ(個人総合優勝)・・・ゲラント・トーマス

マイヨ・ヴェール(ポイント賞)・・・ピーター・サガン

マイヨ・グランペール(山岳賞)・・・ジュリアン・アラフィリップ

マイヨ・ジョーヌはエガン・ベルナル

個人総合優勝はエガン・ベルナル(チーム イネオス)です。

22歳という若き王者の誕生です。

コロンビア人として初のツール制覇を達成しました。

ツールドフランスは、体力と経験が必要とされます。

そのいずれもが足りないと考え、予想からは外しました。

今回はその予想をくつがえす走りを見せてくれました。

今後は、エガン・ベルナル時代が到来しそうです。

ベルナルの勝因は、第19ステージの超級山岳イズラン峠で一気に後続を突き放した事でしょう。

ここで勝負が決まりました。

ベルナルは25歳以下であるためマイヨ・ブラン(新人賞)も獲得しています。

予想したゲラント・トーマスは1分11秒差の2位でした。

マイヨ・ヴェールはピーター・サガン

マイヨ・ヴェール(ポイント賞)は予想通りピーター・サガンでした。

今大会では、無難に上位フィニッシュし、ポイントを積み重ねていきました。

2位に68pts差をつける圧勝でした。

やはりロードでのスプリント能力は抜けていますね。

サガンは7回目のポイント賞獲得となり、獲得回数でエリック・ツァベル(ドイツ)を抜き単独最多とないます。

サガンは現在29歳です。

おそらく今後も記録を伸ばして行くでしょう。

マイヨ・ブラン(山岳賞)はロメン・バルデ

ロメン・バルデ(フランス)が86 ptsで山岳賞を獲得しました。

ロメン・バルデは2016年のツールドフランスで総合2位、2017年の同レースで総合3位に入った実力者です。

個人総合でアラフィリップが終盤失速したので、フランス人のファンは溜飲を下げたことでしょう。

まとめ

2019年ツールドフランスの結果を掲載しておきます。

マイヨ・ジョーヌ(個人総合優勝)・・・エガン・ベルナル

マイヨ・ヴェール(ポイント賞)・・・ピーター・サガン

マイヨ・グランペール(山岳賞)・・・ロメン・バルデ

コロンビアの若き王者エガン・ベルナルがツールドフランスを制覇しました。

まだ22歳です。

今後、何回ツールを制覇するか、たのしみですね。

第18ステージまで総合首位を守った地元フランスのアラフィリップも大会を大いに盛り上げてくれました。

もともと山岳に強い選手なので、終盤まで力を温存できればマイヨ・ジョーヌの可能性はあります。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。