どこよりも早い2019年MGC男子予想

2019年9月15日

2019年9月15日に20年東京五輪マラソン代表選考会、MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)が行われます。

上位2人に20年東京五輪マラソンの出場権が与えられます。

今回は男子MGCを予想します。

福岡国際マラソンを参考に予想

福岡国際マラソンは平和台競技場を出た後、まず福岡市西区方面に向かいます。

最初の難関は別府大橋のアップダウンです。

その後、海岸沿いに出ると海からの風が選手を苦しめます。

勝負所は折り返してからの九州大学前です。

残り5km地点なのでここから仕掛けるランナーも多いです。

そして最後、競技場に上る短い坂があります。

終盤に入っての坂なのでこれが結構こたえます。

福岡国際はタイムの出やすいコースですが、かなりタフなコースです。

ランナーの真の実力が試されるコースといっていいでしょう。

大本命は大迫傑選手

大迫傑選手は早稲田大学時代、2年連続で1区区間賞を獲得した学生を代表するランナーでした。

大迫選手は、2017年の福岡国際マラソンで2時間07分19秒のタイムで3位入賞しています。

翌年のシカゴマラソンでは2時間5分50秒(3位)で走破し日本記録を樹立しました。

スピードだけではなく勝負根性もありMGCの最有力候補だと思います。

自力型の選手でもあり35km地点からは自ら仕掛けていくケースもありそうです。

対抗は設楽悠太選手

飄々としたスタイルが印象的なランナーです。

東洋大では箱根駅伝で3年連続区間賞(7区、3区、3区)を獲得し2度の総合優勝に貢献しました。

その後ホンダに入社し、2018年の東京マラソンで当時の日本最高記録である2時間06分11秒で総合2位に入りました。

翌年の福岡国際マラソンでは2時間10分25秒で4位入賞しましたが、この時は絶不調であり、それでも2時間10分前後でタフなコースを走破したため相当力があるなと感じました。

今年に入って、オーストラリアで行われたゴールドコーストマラソンでは2時間7分50秒で優勝し調子を戻しています。

競った時の勝負根性に疑問はありますが、クレバーな選手でもありあえて優勝を狙わず

東京五輪の出場条件である2位を確保しに来るかもしれません。

ダークホースは服部 勇馬選手

大迫傑、設楽悠太、両選手を倒す可能性を持っているのが服部 勇馬選手です。

東洋大時代には3.4年次、エース区間の2区で連続区間賞を獲得しています。

大学卒業後はトヨタ自動車に入社し、2017年の東京マラソンで初のサブテンランナー入りを果たします。

その後2018年の福岡国際マラソンにおいて尾方剛選手以来14年ぶりの日本人選手優勝を成し遂げました。

タイムも2時間7分27秒という好記録でした。

これは日本歴代8位となる好タイムです。

日本記録を出した経験のある大迫・設楽両選手に知名度では劣りますが、能力では決して引けを取りません。

まとめ

以下予想をまとめておきます。

1位 大迫傑選手
2位 設楽悠太選手
3位 服部 勇馬選手

箱根駅伝出身ランナーはマラソンでは通用しないと言われてきました。

シューズの変革によってピッチ走法からストライド走法に変化したことにより箱根駅伝での実績がマラソンにもつながるようになってきました。

特に連続して区間賞を取るような選手はマラソンでも通用します。

まずは東京オリンピックの前哨戦である男子MGCに注目です。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。